FC2ブログ

同朋☆僧ヤング~お坊さんのお寺日記とエトセトラ~(仮)

真宗大谷派のお寺をあずかるお坊さん達のブログ

定例布教(6月)

寺泊・養泉寺の倉井光弥さんをお迎えして。


15294796880.jpeg


今回は『いのちの旅~有量と無量の世界~』というテーマでお話頂きました。





普段は仲間として一緒に活動させていただいている方を講師としてお招きする

のは、いつも新鮮ですね!(倉井さんは緊張していらしゃった様子…)


そんな倉井さんの御法話をお聞きして感じたことは、



まことなるこころなきみなりとしるべし(親鸞聖人『唯信鈔文意』)



と、“私”を教えられているにも関わらず「仏教を聞いているから自分は正しい」

などと、誤解をしてしまうということが日常的にあるなあ…ということでした。



煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもって、

そらごとたわごと、まことあることなきに、

ただ念仏のみぞまことにておわします  (『歎異抄』) 




自分でもなく、世の中でもなく、教えを“よりどころ”に。



ひとり 旅に出る

安心できるのは 帰る家があるから

人生は 生涯をかけた ひとり旅

どこに向かい どこへ帰るのか

南無阿弥陀仏は わたしの帰る家からの よび声

(真宗大谷派東京教区発行のポスターより)




そんな本日のご縁でございました。



草間朋哉


[ 2018/06/20 17:03 ] お寺の行事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する